GATE7とメディアニュースのブログ

最新作、GATE7を中心に、CLAMP作品の感想を書き始めました。
旧JUGEM!とメディアニュースのブログです。以前のニュースはそのままに。
相互リンク大歓迎です。コメント欄などからお気軽にご連絡ください。
ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(3)読後レビュー
0

    ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編の完結です。
    もう1人の小狼が登場します。
    ウタキに招かれてその後。

     

     

    画像が見えない場合はこちらから>ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(3)<完> (講談社コミックス)

     

    「人は選択し続けなければいけない」
    というのが、本作及びホリックのスタンスですが、
    「サクラと小狼の選択はどっちを選んでも苦しい」
    というのがシビアであり、だからこそ感動するという悩ましいテーマであります。

    どういう選択肢が提示されて、なぜ両方苦しいのかは、読んでいただくとして。
    個人的に酷いなと思いつも、だから泣ける話っていうのが否定できないので小狼まじごめんですわ。

    また、一応完結ですが、またワールドクロニクルの一環として新作が出るのではないかという可能性を示唆してくれています。
    定期連載ではないけど、たまに顔を見せてくれるなら嬉しいかなーと期待。


    ウタキでは小狼の行動がメインになりますが、「周囲が見てくれている」というのも本作のポイントゆえ、黒様はじめ全員に注目です。
    ファンへは言うまでもないかもですが。

    個人的には、問題解決後の孔雀のセリフがじんわり来てしまいました。聖伝を知っているので、「魂は同じ人のセリフなのだなあ」とついつい。
    聖伝ご存知の方はそちらもご注目ください。

     

    JUGEMテーマ:CLAMP

    | りぃあ | ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-@CLAMP | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2)レビュー
    0
      JUGEMテーマ:CLAMP

      ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2) (講談社コミックス) の感想日記というかレビューです。

      私が買ったのは本だけの通常盤です。 

      収録1話目の表紙が封馬くんなのですが、どうやらcloverの世界を歩いているようで。 
      スウちゃんの看板(映像?)と、その下のカズヒコさん(後ろ姿ですが、あの編みこみは間違いない!)にぐはー(*´ω`*)と。 

      どうでもいい? 

      本編は1巻から続いて裏を巡っていきます。 
      1巻のラストや予告でもあったように、小狼が見る景色は黒様やファイ、モコナが見るものとは違う様子。 

      それゆえ、小狼がみるものと、黒ぴーたちが見るものとの対比絵が面白いです。 

      あと、比較的ファイが真面目な感じですすみます。 
      キリっとしたファイが見られる数少ない機会かも?(笑) 

      「御嶽」が鍵になるようで、本当、沖縄方面の神話・伝承をメインでやるようですね。 
      「小狼」とはそこで本当に再会するのでしょうか? 
      3巻がすでに待ち遠しい。 

      余談ですが、1巻のモコナのお腹はどこにある?のくだり。 
      四月一日は黒りんと同じ反応なのが面白かったです。 
      四月一日は小狼と同じものですが、黒様とは反応(ツッコミ体質?)が、ファイとは魔法やのらりくらりなところが似ていますよね。 
      「四月一日と小狼の内緒話」も個人的に好きなおすすめシーンです。 
      (互へのいたわり感にいつもキュンキュンします。) 
      | りぃあ | ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-@CLAMP | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2) 16日発売です!
      0
        ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2) (講談社コミックス)は16日に発売予定です。


        画像見えない方はこちら>>ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2) (講談社コミックス)


        新たな冒険、始まる━━!!
        再び異世界を渡る旅へと旅立った小狼たちが訪れたのは、姫神が統治する国「ニライカナイ」。
        一見平和に見える楽園には、不穏な闇が忍び寄っていた━━!!

        美しい自然があふれる国、ニライカナイへとやってきた小狼たちは、人々が崇める姫神と出会い、この国に異変が起きていることを知る。
        その異変を調査することを選択した小狼たちは、『間(はざま)』の世界にいた孔雀に、四月一日からもらった三十円を渡し賃として渡し、『裏』のニライカナイへとやってきたが、はたしてそこで待っていたものとは…!?


        ようやく続きですねー。
        しかしまさか門7組www
        本編そっちのけっていいのか?
        というより、ツバサないしホリックを終わらせる前に出さないと不味くね?みたいなことになったのかもしれないなーとも思ったり。

        10月16日発売予定。
        楽しみです。
         
        | りぃあ | ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-@CLAMP | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(1) 感想
        0
          JUGEMテーマ:CLAMP
          ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(1) (週刊少年マガジン) の感想日記です。


          画像見えない方はこちら>>ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(1) (講談社コミックス)
          恒例の?>BD付き ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編(1)特装版 (講談社キャラクターズA)
           
          オリジナルを早くださんかい!!(笑)

          内容はすごく好きなのですが、
          ニライカナイというモチーフも素敵なのですが!

          ねえ。
          というわけで4つ星にしておきます。
          これが終わってからでもいいから進めてくださいね門七。
          以下、ネタバレありきで


          中身はホリック戻の続きまんまです。
          前にいた次元やどのようにしてここにたどり着いたのか。
          この次元の登場人物であるサンユンくんとの出会い等は(この時点では?)は端折っており、四月一日から助けとなるアイテムをもらったところからスタートです。

          冒頭にこれまでの旅路についてかなり簡略した説明がありますが、上記の流れなのでこれまでの話を知らなくても(ホリック戻を読んでいれば)問題なさそうな気はします。
          あー”もうひとりの小狼”については知っておかないといけないか。でもそれはすぐでなくてもいいかと思いますし。

          それにしても、桜さん(これも真名ではないとはいえ)とサクラちゃんがとうとう同じ物語に出ちゃいますか。
          会ってないけど、会うことになったら面白いなーとか。
          いや、小狼でもいいので、左近さんがサクラと呼ばれている次元についてなんかこう、接点があると面白いのになーと、
          門七の方でも思っておりました。

          裏の主は、”信長なんだかどうなのかわからない主人公”なんでしょうかね。まだ出てきていませんが。
          いや、ねえ。表の姫神がはなちゃんなので。ねえ。
          裏はチカちゃんでないと(笑)
          というか、門七のキャラで作るんでしょうかニライカナイ

          転生という意味では、死者でも生者でもっていうスタンスはわかりやすいけれど。

          しかし狭間担当が孔雀さん(聖伝)ってのがどうなるのかわからなくなってきたwww

          最後のシーンは、予告を見るに、小狼”だけ”良い風景が見えた。
          でいいのかな?
          次は秋かあ(雑誌が月刊ゆえ)。長いけど楽しみに待っております。

          チカちゃんが変わるのかなあ。
          いや、裏の主だと思っているので、
          だのに門七のままだと萌えキャラになってしまうなあってwwww
          はなちゃんたちが基本変わんないから。どうなのかなって。
          まあ、チカちゃんが裏の主ってのははなちゃんに対応っていう意味合いでしかないので、確率は低いんだけど。

          よろしければクリックお願いします。
          | りぃあ | ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-@CLAMP | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          いよいよ復活開始です!ニライカナイ編(1)
          0
            2月17日に満を持して発売ですね〜〜。

            画像見えない方はこちら>>ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(1) (講談社コミックス)
            恒例の?>BD付き ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編(1)特装版 (講談社キャラクターズA)
             

            内容紹介

            新たな冒険、始まる━━!!
            再び異世界を渡る旅へと旅立った小狼たちが訪れたのは、姫神が統治する国「ニライカナイ」。
            一見平和に見える楽園には、不穏な闇が忍び寄っていた━━!!

            失 われたサクラの記憶を取り戻し、元凶である飛王を討ち倒した小狼たち。
            しかし、飛王の最後の呪いを解き放つため「旅をしつづける事」を対価として支払った 小狼は、サクラと別れ、黒鋼、ファイ、モコナと再び異世界へと旅立った!
            小狼たちが訪れたのは、姫神が統治する国「ニライカナイ」。
            一見平和に見える楽園には、不穏な闇が忍び寄っていた━━!!
            • コミック: 192ページ
            • 出版社: 講談社 (2015/2/17)
            • 言語: 日本語
            • ISBN-10: 4063953262
            • ISBN-13: 978-4063953268
            • 発売日: 2015/2/17
            楽しみですねー。
            ニライカナイって南方の永遠信仰的なやつじゃなかったかな。
            これでシャオランの永遠の旅路にも決着が付くといいんですが・・・
            いや、旅をし続けていただく分には、読者としてはそれはそれでよいんですけど。

            中毒はもちろん、門七や薬も滞っているので、そっちを先に進めてほしいなっていうのもあるんですよ。
            ・・・・・18禁でもいいからXも・・・・

            よろしければクリックお願いします。

            JUGEMテーマ:CLAMP
            | りぃあ | ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-@CLAMP | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            商業漫画家デビュー25周年! 独特な世界観が魅力の「CLAMP」8作品を振り返る【ニュース】
            0
              なぁんで現行の門七と薬はピックアップしてくれないのかなあ〜。
              JUGEMテーマ:CLAMP

              商業漫画家デビュー25周年! 独特な世界観が魅力の「CLAMP」8作品を振り返る
              元:マイナビウーマン

              「CLAMP」といえば、いがらし寒月さん、大川七瀬さん、猫井椿さん、もこなさんで構成される女性4人組漫画家集団。ファンタジー要素の強い自由な発想 が魅力的なCLAMP作品は、多くの読者に愛され続けています。そして今年は同人作家から商業漫画家としてデビューを果たしてから25周年のアニバーサ リーイヤーだそう! そこでCLAMPのデビュー25周年を記念して、テレビアニメ化され大人気を博したCLAMPの代表作を振り返ってみました。 (OVAは除く)

               ■『X-エックス-』(1992年〜)

              X-エックス- CLAMP
              地球の未来と人類の存亡を握る主人公・司狼神威(しろうかむい)を中心に壮絶な戦いが繰り広げられるダークファンタジー。人類を守る主人公と、人類を滅亡させ地球本来の姿を取り戻そうとする幼なじみ・桃生封真、運命に翻弄される二人の姿がなんともやりきれないんですよね。

               ■『CLAMP学園探偵団』(1992年〜1993年)

              CLAMP学園探偵団
              “CLAMP学園”を舞台に巻き起こる難事件を解決する美少年集団、「CLAMP学園探偵団」の活躍を描いた作品。探偵団のメンバー、妹之山、鷹村、伊集院の三人は、何でもできて女性に優しい、まさに理想の王子様でした……!

               ■『魔法騎士レイアース』(1993年〜1996年)

              魔法騎士レイアース
              獅堂光、龍咲海、鳳凰寺風の三人の少女たちが、異世界・セフィーロを救うために魔法騎士として旅をするファンタジー。剣や弓矢を駆使して戦う彼女 たちの姿に憧れた少女時代を過ごした方も多いのでは? また、その後のCLAMP作品に度々現れる謎の生物・モコナが初めて登場した作品。

               ■『カードキャプターさくら』(1996年〜2000年)

              カードキャプターさくら
              ひょんなことから世界に災いをもたらすカード(クロウカード)の封印を解いてしまった少女・木之本桜が、クロウカード捕獲に奔走する姿をキュートに描く。カードを封印する際に着用するコスチュームがとってもかわいい!

               ■『ちょびっツ』(2000年〜2002年)

              ちょびっツ
              しがない浪人生・本須和秀樹の前に現れた、かわいい女の子の容姿をした人造人間・ちぃとの不思議な毎日を描いたラブストーリー。ちぃの純粋無垢な可愛らしさに胸キュンしたファンも多いのでは?

               ■『XXXHOLiC』シリーズ(2003年〜2010年)

              XXXHOLiC
              “対価”を払えば、どんな願いも叶えてくれる店(通称:ミセ)の女主人・壱原侑子と、アヤカシという謎の現象に悩まされる高校生・四月一日君尋 (わたぬききみひろ)の二人、そしてミセに訪れるさまざまな客を中心に織りなすダークファンタジー作品。ミセの客たちが抱える心の闇が胸に刺さります。現 在は続編『HOLiC-戻-』を連載中。

               ■『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE』(2003年〜2009年)

              ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE
              記憶を失ってしまった玖楼国の姫・サクラの記憶を取り戻すために奮闘する、幼なじみの青年・小狼と仲間たちの冒険を描く。どこか見覚えのある主要 キャラクターが、往年のファンの胸を熱くしたはず! この『ツバサ』と『XXXHOLiC』の二作は物語の一部がつながっているので、両方チェックすれば おもしろさ倍増!?

               ■『こばと。』(2004年〜2011年)

              こばと。
              主人公でありながら正体不明の可憐な少女・花戸小鳩。彼女が「行きたい場所」にいくために、人の傷ついた心を具現化した「コンペイトウ」を集めるファンタジー作品。悩める人々を癒やすために頑張る小鳩ちゃんに、読者もほっこり……!

               ※連載年は公式サイトに順ずる

               どれも夢が詰まった物語ばかりでしたね! 20代、30代の女性たちにとっては、懐かしい作品も多かったのでは? そして、商業漫画家デビュー25周年の今年は『カードキャプターさくら原画展』などのイベントも満載。ぜひ足を運んでみては?

               (谷口京子/清談社)
              元の記事はこちら

               
              | りぃあ | CLAMPそのほか | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              ×××HOLiC・戻(3)感想
              0
                JUGEMテーマ:CLAMP
                ×××HOLiC・戻(3) (KCデラックス ヤングマガジン) の感想日記です。

                ×××HOLiC・戻(3) (KCデラックス ヤングマガジン)
                PB付き ×××HOLiC・戻(3)特装版 (講談社キャラクターズA)

                内容紹介

                『xxxHOLiC』シリーズ最新作。
                アヤカシ(妖怪)を視たり、引き寄せたりする体質のことを悩む高校生の四月一日(わたぬき)と“ミセ”と呼ばれる怪しい屋敷で来客者の願いを叶え続ける女主人の侑子(ゆうこ)の新たな物語が始まる。

                百 円玉の呪いについて侑子さんと同じように説明できた四月一日(ワタヌキ)。なぜ自分が説明できたのかもわからず、混濁する意識の中で侑子さんと話している と、侑子さんから「自分の行く末を選び続けなければならない」と言われる。しかし四月一日は自分が何を選択したのかわからぬまま意識を失ってしまう。ベッ ドで目を覚まし、四月一日が混乱状態でいると、突然電話が鳴り始めた。四月一日の周りで、一体何が起こっているのか?

                感想
                侑子さんの件についてマイナス1ってところかなあ。簡単に決着つけてもつまらないけど、四月一日の心情を察するにあまりあるので、これに完璧だ!と5ツ星付けるのはファンとして忍びない。

                復活したツバサへと至る物語です。

                ネタバレにならないように注意して書くと、(順不同)

                時系列は”清”ではなく”静”
                名前で呼ぶのってもうひとりの…
                妄想の産物とは言え、でも
                だからこそ苦渋の決断
                いつから呼び捨てするようになったのか知りたいねえ
                悪い方面の対価の役立て方
                鳥籠の骨董屋
                桜に”遭う”

                あたりが気になったところであります。
                4巻よりは、ツバサが先になるのかなあ?

                以降からネタバレ有りで注意お願いします。
                続きを読む >>
                | りぃあ | xxxHOLiC@CLAMP | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                20日にxxxHOLiC戻3巻発売ですね
                0
                  JUGEMテーマ:CLAMP
                  いよいよきましたって感じですね。
                   
                  CLAMP作品一覧
                  CLAMP作品一覧@モバイル

                  戻の3巻が今月、2014年8月20日に発売されます。
                  以前の日記で、ほかの作品の更新が滞っていることと、ツバサで新展開があるということで、さてどうなるのかと思っておりました。
                  2巻の終わりでも、四月一日がミセの外へと出るのか?という疑問を残して終わりましたしね。
                  楽しみにしています。



                   
                  | りぃあ | xxxHOLiC@CLAMP | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  CLAMP「ツバサ」新作、戻から繋がる物語
                  0
                    JUGEMテーマ:CLAMP

                    小狼、貴様のせいで門七と薬が滞っておるのではあるまいな…・・・・・・

                    んじゃー、仕方ないかぁヾ(*´∀`*)ノ

                    そして戻は四巻で一旦終になるということなのか?
                    翼が終わったらまた再開?
                    それにしても、ニライカナイなんてどんな狂おしい話にする気なんだろうか。
                    永遠に小狼は移動し続けなければいけないって証左じゃないよなあ。


                    画像見れない方>>×××HOLiC・戻(2) (KCデラックス)

                     
                    続きを読む >>
                    | りぃあ | ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-@CLAMP | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    ×××HOLiC・戻 2 (KCデラックス)感想
                    0
                      JUGEMテーマ:CLAMP
                      昨日届きました。

                      画像見れない方>>×××HOLiC・戻(2) (KCデラックス)
                      一昨日発売なので、ネタバレ注意?で。

                      バラしてはいない感想
                      (これの下からネタバレで)

                      確信に近づいてきたのか否か。
                      次につながる今巻のラスト、ギャグ落ちだったら笑えねえ。
                      な可能性がなくはないのが侑子さんの怖さなのである。

                      それにしても、密林の煽り文句にほいほいされてしまったぜ。
                      ルール無用ってどういう意味なの、そういう意味なのwwwwwww




                      では以下から。

                      あ・・・あ・・・
                      最初からなんかこう、少年ホイホイ?な侑子さんに拍手するしかないなあ。
                      つか、侑子さんのそんなん超然すぎて想像もできねえが。
                      結論は、暑いー!!!!だったオチですがwwwww

                      夜雀というか
                      幼女兼年季兼酒豪兼人妻って何事だよwwwwww
                      もともとプロ(笑)とはいえ、萌をいれまくってかつブレがないのがCLAMP先生方の怖いところである。

                      ついでに獣×?
                      山狗を統べる者様
                      見た目山狗なのに夜雀(人型)の旦那てwwwwww
                      カオスすぎてコスモスとしてるとでもいえばいいのか。
                      ひれ伏すしかないわこれwwwwww

                      あなたが怖いです
                      山狗を(以下略)様に対しての四月一日の感想というか返答というか。
                      いやワンコ可愛かったけど<無礼者

                      いなくなったらなるようになる
                      そうなのよねえ。仮に、ホリック読者が今巻を読んだところで、
                      神様萌ー!!(*°∀°)=3ってなるだけで、敬いなおすかといえば・・・
                      ねえ?
                      ぶっちゃけ、こんなに可愛くも萌もしない神様が実際多いしねえ。
                      というか、そもそも、お会いできないしねえ。
                      少なくとも私の力ではというか、そん力ないっぽいし。


                      行くかもどるか
                      上記の夫婦からのお礼
                      行きたいところへ行けるものと、戻りたいところへ帰れるもの。
                      どちらを選びますか?
                      選ぶ途中で謎の電話?
                      しかし、侑子さんは曰く”四月一日は選んだ”と


                      例えば誰かがXXだりすると、とても面白い。
                      こっくりさんの回を思い出しました。という。
                      呪いの拡散について。
                      すごいことが起こるらしい。
                      すごいことが起こったら面白い。
                      善し悪しは関係なく、すごいことが。

                      よくないという勘
                      昔の人の方が持っていたもの
                      これも、以前ありましたね。
                      どこかから出ている謎の手。しかし、その手に乗ったものをどこかに引きずり込んで・・・
                      っていう。あれ。
                      昔の人の方が、そういうことに気づきやすかった。
                      今の子等は見えないから気づかない。
                      こういう時は、勘に従えっていうことなのかな。
                      それにしても、

                      し続けるという選択肢しかない
                      交換すれば呪いからは免れるとは言え、
                      捨てるとか、交換以外の手放す方法をしないっていう現代っ子怖いわー。
                      ・・・私も現代人だがしかし。いやゆえに、そうしそうで怖いが。
                      とはいえ自販機で使おうとも、お店で使おうとも、銀行に預けようとも、
                      その先でかならず受け取る人はいるんだよねえ。怖いねえwww
                      神仏様に預けるお賽銭もどうかとは思っちゃったりしたんだけど、百目鬼君曰く、寺はそういうところだとか。浄化作用っていうか、上の話ともつながるってことなのかな。

                      敬ってくれれば、敬われたものは敬ったものを助ける
                      つまり、お祈りしてくれれば、神様は祈ってくれた人を助ける。みたいな。
                      祈りっていうか、信じてくれるというか、かな。


                      選ばないという選択肢
                      同じく上の続き。
                      お礼の品を受け取らなかった四月一日
                      それは同時に、どちらもとらないという選択肢を取るということであり。
                      行きもしないが戻りもしない。四月一日の真意とは。

                      このままでいたい
                      っていうことなんですかね。
                      前にも後ろにも行かないということは、今この場に留まるというとだと思うし。
                      まさか横道がwwww
                      なんてことはないと思うし。

                      元には戻らない、それでも戻そうとすれば・・・
                      返りが来るとかそういうデメリットかなあ。
                      あるいは、それ相応の対価を失う。とかね。
                      もどるものと戻らないものと、四月一日はちゃんとわかっている
                      =すれば・・・のようなことにはならないということなんでしょうが。
                      どうなるのかなあ。

                      店の外にも出られる
                      侑子さんをそれでも待つ
                      龍の終わりで、店の外にでても問題はない。
                      でも、それでも侑子さんを待つ。
                      そういう話だったかと思います。
                      てっきり、外に出て探すという選択肢が増えたのかなとも思ったんですが、
                      存外、
                      外に出られるようになっても、外には出ない。
                      ということなんでしょうか?とも思ったり。

                      外からの電話
                      そんな今回の締め
                      四月一日にかかってくる、外からの電話。
                      前回は無言の電話だったけど、今回は声が聞こえてきて・・・
                      その声に驚いているような四月一日ですが、果たして誰からの電話なのでしょうか?
                      侑子さんなんでしょうか?あるいは他の縁ある誰か?

                       
                      | りぃあ | xxxHOLiC@CLAMP | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |