GATE7とメディアニュースのブログ

最新作、GATE7を中心に、CLAMP作品の感想を書き始めました。
旧JUGEM!とメディアニュースのブログです。以前のニュースはそのままに。
相互リンク大歓迎です。コメント欄などからお気軽にご連絡ください。
カードキャプターさくら クリアカード編コミックス3巻読後感想
0

    カードキャプターさくら クリアカード編の、コミックス第3巻が本日発売。

    早速買ってきました。

    今巻はDVDがついた特装版も

    通常盤はこちら(コミックスのデザインは一緒です)>

     

    うさぎと執事 

    は「犯人」一味(笑)なのかどうなのか。 
    秋穂ちゃん周辺で新キャラが2人(人?)登場しております。 
    一方はぬいぐるみなのですが…これただのぬいぐるみで終わらせる気が、果たしてクランプ先生方にあるのかどうなのか(笑) 

    一方秋穂ちゃんの執事さん、ミドルネームのDは別に某フローライトさんとは関係ないですよね(笑) 
    名前に月が入っていないのは、流石に3回連続はわざとらしいと踏んだのか、あるいは命名者が違うと思われるからなのか。 

    某フローライトさんと言えば、小狼くんの「手パンからの剣」がツバサオリジナルらしい?ことを今巻で初めて気づきました(CCさくらでは初お披露目。桜ちゃんやケロちゃんが驚いています)。 

    そんな秋穂ちゃんとは料理の師弟?(桜ちゃんが教える)になったり、家に遊びに行ったりという関係までステップアップしますが…どうなんでしょうねえほんとう。 
    読み進めていくと、秋穂ちゃん自身も分かっていない感じ(利用されてる?)がするのですが、これ演技だったらすごい(笑) 

    ちなみに秋穂ちゃんの家は、引っ越していったあるキャラの家なのですが、元を正せば…。そして秋穂ちゃんは「ある本」を求めて日本へ来たそうで、その家にある本と言えば…。 
    という、CCさくらファンなら思い当たる要素(かつ秋穂ちゃんが犯人の可能性)が多いのですが、これはあえての引っ掛けなのかどうなのか(笑) 

    一方、小狼くんとは2人きりでのデート(手作り弁当付き)を敢行したりと、微笑ましい展開もあり。 
    もちろん新カードの収集もありと、いろいろ詰まった3巻でした。 

     

     

    JUGEMテーマ:CLAMP

    | りぃあ | CCさくら@CLAMP | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    カードキャプターさくら クリアカード編2巻購入レビュー
    0

      似て非なる名前のあの子は犯人と見るべきか。 

      特典付き限定版もあります>>カードキャプターさくら クリアカード編(2)特装版 (講談社キャラクターズA)

       

      まだまだ謎ばかりの第2巻。 
      新カードが増えつつ、さくらちゃんたちの学校生活も進んでいきます。 
      中学でもチアリーディングするみたいで、アピールシーンはちょっとした見ものかと。 

      また、さくらちゃんのクラスに転校生がやってきます。 
      フードをかぶった敵さんの正体と見てよいものか、ちょっと悩んでしまうこの頃。 
      カードキャプターさくらの場合は、そんなに裏をかくとかってなかったような気がするので、エリオルくんよろしく、転校生ちゃんがそのまま正体と読んでおいても良いかなあと思いますがどうでしょう。 

      加えて、桃矢にいさんに、何かの力があるとか? 
      転校生ちゃんの素性を1とするなら、新たな謎2? 
      使うときにわかるとか、本人は雪兎さんにしか話していないし、具体的には雪兎さんにも秘密なんですが、いよいよ桃矢さんもカードキャプターに直接絡んでくるんでしょうか? 

      個人的には、透明化してしまったさくらカードを案じるさくらちゃんのシーン 
      で、カードの皆さんの総集合イラストが拝見出来たのが大きいです。 
      やっぱ光&闇のお姉様方は素敵。 


      JUGEMテーマ:CLAMP

      | りぃあ | CCさくら@CLAMP | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      中1ってこんな頭身か!なCCさくらクリアカード編コミックス1巻読後感想
      0

        カードキャプターさくら クリアカード編1巻読み終わりました!

        http://amzn.to/2gG7FkP

         

        中程からネタバレありきで注意を。

         

        ツバサの頭身というか年齢というかでしばらく漬け状態だったので、ちっちゃい子たちのキャッキャウフフに微笑ましくも恥ずかしく読ませていただきました。
        一応、前シリーズはなかよしで読んでいた世代なんですが、ヲタ的な、しっかりと認識するようになったはツバサとかの方が強くて(笑)

        1巻ということもあってか、前シリーズのおさらいページが用意されているので、初めてとか久しぶりの方もある程度飲み込めるのではないかと思います。

        エリオル君&観月先生が早くも関わっているってのが、嬉しい半面、「終わりのための始まり」って意味深ですよね。CCさくら最終章っていう意味なのかもしれないけど、ツバサのことがあるので、それだけじゃないとつい思ってしまいます。

        小狼とエリオルくんはクリアカードについて既に事情を知っているようなフシもあり、早くも奥深い展開です。

        また、クリアカードって、それぞれのカード自体が変わってしまっているんでしょうか?今回でた2枚、前シリーズで同種の意味・効果のカードあったけ?と思いまして。
        となると、さくらカードのキャラクターたちは、出てこないということになるのかな、という不安と残念な気持ちがないでもないです。風&水とか、光&闇のおねーさんたちとか、幼心に好きだったので。

        月刊誌だから次巻は少し先かなー。
        2018年のアニメと合わせて楽しみにしています。

         

        ここまでなし

         

         

         

        JUGEMテーマ:CLAMP

        続きを読む >>
        | りぃあ | CCさくら@CLAMP | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |